-受託研究から検査分析受託、測定器・分析機器まで -
技術者のためのソリューションがここにあります


計測器、理化学機器専門のお取引サイトテックジャム
[トップページ] [このサイトについて] [サイトの運営について]  
キーワードでソリューションを検索

TOPページ >衛生管理特集 >水質検査
飲食店経営・給食調理・食品加工・食品販売関連の方必見!
欠かすことの出来ない水。その品質検査も欠かすことなく、プロにお任せください。

ここでは、「自社業務の中で水質を検査したい」場合の測定の詳細、及び計測器の紹介、「本格的に調査して欲しい」場合の測定業者への見積り依頼を受け付けています。


食品衛生管理に関する総合ソリューション その3〜水質検査〜


食品衛生法に基づく水質検査

検査項目・・・大腸菌群、カドミウム、水銀、鉛、ヒ素、シアン、ナトリウム、塩素他全28項目

採取方法・・・採取容器ごとに異なる

〆拔欷〆才僉ΑΑ専用の無菌容器を洗わずに試料水を直接入れ、即栓をする
揮発性有機物用・・・容器を試料水で2、3回すすぎ、満水に採取して密栓する
0貳鵡猝寨僉ΑΑν憧錣鮖醂楚紊韮押■害鵑垢垢、必要量を入れる
注:サンプルを口に含む官能法を行なうことが多いので、採水後は専用ビニールに保管する

採取方法・・・水道管内に対流している水を流し、水道管内の水がすべて排水されてから専用容器を満水にする

ビル管理法に基づく水質検査

検査項目・・・ 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素、塩素、銅、亜鉛、鉛、鉄、濁度、有機物他全43項目

検査材料・・・水道水もしくは地下水他

調査頻度・・・項目によって異なるが半年・1年・3年以内に1度
地下水の場合、新たに給水設備を設けて給水を開始する場合、給水開始前に全項目検査を行なうこととされている
その他に飲料水の水質検査、排水検査なども行なうことが出来ます。

■よろず相談
「このような検査をしてもらえる検査・分析会社を紹介して欲しい」
「このような検査をしたいがどうしたらいいか?」
など検査・分析に関するご質問等ございましたらこちらへご相談下さい。
よろず相談へ

■一口メモ

▼水質基準ってどんなもの?
水道水の水質に関する基準には水道法に基づく『水質基準項目』と水質基準を補完する『快適水質項目』『監視項目』があります 。水質基準は健康に関連する29項目と水道水が有すべき性状に関連する17項目で基準値が決められています。
しかしながら最近では、小型球形ウィルスが流行しています。これは11〜3月に多く起こるという特徴があり、原因は生ものと見られています。人への2次感染も起こるので注意が必要です。


▼厚生労働省が体に有功と認めた水は?!

これはアルカリイオン水(アルカリ電解還元水)及び酸性イオン水です。 昭和41年に『電気分解によって生じる陰極水(アルカリイオン水)及び、陽極水(酸性イオン水)を生成する機器を医療物質生成器と認定し、さまざまな医療効果を承認』しました。 以来、30年がたった今でもこの認定は継続され、なおかつ現在に及んでも他の一切の浄水器・生水器は医療効果を認定されていないようです 。