-受託研究から検査分析受託、測定器・分析機器まで -
技術者のためのソリューションがここにあります


計測器、理化学機器専門のお取引サイトテックジャム
[トップページ] [このサイトについて] [サイトの運営について]  
キーワードでソリューションを検索

TOPページ >住宅特集 >土壌分析
住宅特集メニュー 住環境の温度分布 既存住宅検査 ホルムアルデヒド測定 土壌分析 地盤調査

不動産業者、土地取引関係者の方必見!
土地取引には環境調査が不可欠です。調査委託で有効な土地活用を!

■近年問題となっている土壌汚染

近年、新たな環境汚染として土壌汚染が注目されています。なかでも揮発性有機化合物(VOCs)の汚染は深刻で、目に見えない所で汚染が進行するため、広い範囲に汚染の影響が出ています。環境基準も定められており、今後の規制なども注目されます。
土壌の状態を診断する土壌分析のサービスも行われるようになりました。いまや第三者によるリスク評価が土地活用に必要な時代のです。


ここでは、土壌分析の方法及び計測器の紹介や「本格的に調査して欲しい」場合の測定業者への見積り依頼を受け付けています。

■土壌分析サービスのご紹介
分析したい土壌を自分で採取して送付し、分析を委託することで簡易に分析が行えます。
用意するもの
1.ポリ容器やガラス容器
分析方法
1.対象土壌を採取します。
2.関係書類を記入後宅配便または郵送で検査機関に送付します。
3.分析データが送られてきます。

■検査・分析見積り依頼
土壌分析のお見積り依頼はこちらからお願いします。
※簡易土壌分析以外の出張検査の依頼でも結構です。
見積依頼ページへ

■よろず相談
「このような検査をしてもらえる検査・分析会社を紹介して欲しい」
「このような検査をしたいがどうしたらいいか?」
など検査・分析に関するご質問等ございましたらこちらへご相談下さい。
よろず相談へ

■温度センサ付Palmプレゼント
簡単なアンケートにお答え頂くと小型温度センサ付Palmを抽選で1名様にプレゼント致します。
皆様是非ご応募ください。
詳細はこちら
アンケートプレゼントページ

■関連製品のご紹介
土壌分析には以下のような製品を使って簡単に短時間で行うこともできます。
土壌酸度測定器
(DM-3土壌酸度用・DM-5土壌酸湿度用)
標準価格:DM-3 6,100円; DM-5 7,100円

土壌に差込むだけで土壌中のpHの目安が測定できます。
大地起電式で土壌改良に必要な石灰施用量がすぐにわかります。
DM-5は押ボタンを押すことで適湿度もわかります(検知範囲50〜100%)。
こちらの製品は技術者様お役立ち総合サイト「テックジャム」にて取り扱っております。
この製品に関するお問合せはoffice@ken-bun.com までお願いします。


参 考 情 報
土壌の汚染に関わる環境基準
比重 水への溶解度(at20℃) 蒸気圧(at20℃)
ベンゼン

0.9

0.15g/100ml 10kPa
トリクレン 1.5 0.1g/100ml 7.8kPa

パークレン

1.6 0.015g/100ml 1.9kPa
四塩化炭素 1.6 0.08g/100ml 12.2kPa

出典:化学工業日報社 国際化学物質安全カード

■一口メモ
▼調査の具体的内容は?
土壌調査は、調査計画の立案から土壌分析の実施、浄化対策に至るまで、汚染物質の性質や環境リスク評価を念頭に置いた判断が必要であり、専門的な知識や技術を要します。
調査項目は、その特性から重金属等とVOCsに分けて行います。重金属等は、比較的地表面に吸着される場合が多く、土壌分析を行います。VOCsは、土壌に吸着されにくく、揮発性をもつため、土壌ガスを採取しポータブルガスクロ等を使った現地での分析が可能です。


▼土壌分析項目
項目 説明
pH(水素イオン濃度指数) 酸性・アルカリ性の度合を示す値
陽イオン交換容量(CEC)

陽イオンを引きつける力を示す値
アンモニウムイオンなどが保持力がわかる

有効態リン酸含量

作物が吸収、利用出来るリン酸の量

リン酸吸収係数 土壌中にリン酸を固定する力の尺度
腐食含量 通気性、透水性、易耕性には腐食が必要
交換性石灰(Ca)量 少ないと土壌自体は酸性化する
交換性苦土(Mg)量 土壌の母岩に影響され、酸性化すると欠乏する
交換性加里(K)量 作物に吸収され光合成を促進する 適正量が必要
塩基飽和度

CECに対する塩基(Ca,Mg,K)の総量を百分率で表したもの
適正範囲は60〜80%

アンモニア態窒素含有量
硝酸態窒素含有量

硝酸態が多すぎると作物に移行して硝酸中毒を招く

出典:行政法人家畜改良センター