-受託研究から検査分析受託、測定器・分析機器まで -
技術者のためのソリューションがここにあります


計測器、理化学機器専門のお取引サイトテックジャム
[トップページ] [このサイトについて] [サイトの運営について]  
キーワードでソリューションを検索



遺伝子組換え検査
「当方検分録」では、最近、特に問題になっている遺伝子組換え検査お受けいたしております。
遺伝子組換え検査のお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

大豆およびトウモロコシの原材料からDNAを抽出し、人為的に組み込まれた対農薬、耐害虫性タンパクなどの発現ベクター遺伝子を標的にして、汎用度の高いP-35Sプロモーター配列、NOSターミネーター配列など数種類の領域を狙ってPCR定量法も合わせて行うことにより、流通過程での意図せざる組換え作物の微量混入に対しても量的な結果判断を致します。
・原材料・・・大豆、トウモロコシ
・加工品・・・大豆、トウモロコシ、ばれいしょ
※加工食品の種類によりましては、発酵・過熱によって遺伝子が分解されてしまい、検査不可能となる場合がありますので、依頼時に事前相談をお願い致します。(DNAの鎖がバラバラになるとPCRで反応しなくなります。)

項目名
大豆
大豆加工品
トウモロコシ
トウモロコシ加工品
ばれいしょ
ばれいしょ加工品

■検査サンプル必要量
大豆・トウモロコシ(原料穀物)・・・2kg(最少500g)
ばれいしょ(原料穀物)・・・要相談
加工食品全般・・・50〜200g程度

■報告日数
サンプルを受託してから1週間前後にFAX連絡を致します。
最終的に検査証明書がお手元に届くまで10日〜 2週間が必要になります。


検査方法
□検出感度0.1%での定性検査で「陽性」と判断された場合、リアルタイムPCR法による定量検査へと進めます。
□十分な量と質のDNAが回収できない製品につきましては、定量分析の保証ができず、定性検査までとさせていただく場合がございます。
□英語版の検査報告書がご入用の際には別途検査担当までご相談ください。


■よろず相談
「このような検査をしてもらえる検査・分析会社を紹介して欲しい」
「このような検査をしたいがどうしたらいいか?」
など検査・分析に関するご質問等ございましたらこちらへご相談下さい。

よろず相談へ